蜜蜂と遠雷

Img_3540

友人に勧められて

図書館で予約して借りて読みました

ピアノコンクールを舞台にした話

読み応えありました

そして「曲」に対して

もっと理解したいなと思いました

フルートのコンクールもこんな感じなのかな?

映画はどんな感じになるんだろうなぁ♪

| | コメント (0)

ヒカルの碁(18~23)

Fullsizerender_2

読み終わりました~

ちょっと物足りない???

どんなことでもプロになるにはというか
極めるには努力が必要と感じました

4月~6月までカルチャーセンターの囲碁教室に通ってたのですが
7月からはお休みしてて
でも父が囲碁をやっているので
父に教えてもらうことになりました
で、今日は早速9目置いて
教えてもらいながら打ちましたが
まだよく分かってません
今までは九路盤だったのですが
普通の碁盤(足つき)だったので広いっ
でも解説付きで分かりやすかったです
ハンディなしでできるのいつになるやら???ですが
ガンバリマス

| | コメント (0)

ヒカルの碁(1~17)

Img_0472

囲碁を少しやってみたのですが
面白さを感じないので
漫画でも読んでみようと借りてきました
まず10巻まで

4巻ぐらいから面白くなってきて
続きを借りようと思ったら先に借りてる人がっ
結構前からある漫画なのになぜ同じタイミングなんでしょう???
アプリで在庫の確認を何度もして
今日続きの11巻~17巻までを借りました
(18巻から先は貸し出し中だった)

Fullsizerender_1

面白いです
でも実践は・・・

早く続きを読みたいです

| | コメント (0)

本日はお日柄もよく

20160827_114224

職場の人が貸して下さった本
「ちょっとうるってなるよ」と言われてたので
電車で気をつけながら読み
今朝、残りをいっき読み
ちょっとどころかかなり泣けてきて
朝から目がやばい事に
宅急便の人も?って思ったかも

感動しても普段本を読み返す事はあまりしないのですが
この本は何度も読み返してます
そして何度もうるっとなってます
私が好きな終わり方だし
登場人物も嫌な気分になる人がいない
素敵な本でした


| | コメント (0)

最後の晩ごはん

20151119_222723

「最後の晩ごはん」シリーズの最新作を読みました
初めの3冊は息子から借りて
これは同僚から借りました

後悔というか心に引っかかってた事が
解決されて気持ちがちょっと楽になるという結末
なので読み終えると「良かった良かった」と
あったかい気持ちになります

あと美味しそうなお料理が出てきます
高級じゃなくて自分でも作れそうなんだけど
同じには作れなさそうなお料理
巻末にレシピが2つ載ってますが
まだ作ったことないです

また新作が出るといいなぁ

あっ読書の秋ということで
息子が文化祭で買ってきた
文芸部の冊子も読みました

20151119_225647

短歌、俳句、ショートストーリー
高文祭の感想などが載っててなかなか楽しかったです
高文祭に文芸部門というのもあったみたいで
いろいろな形で参加されてたみたいで
またみんな頑張ってたんだなぁと思いました
短歌や俳句は思いが簡潔にまとめられてるので
気楽に読めて
でもその背景を想像したりして楽しいです
こういう作品集初めて読みましたが良かったです

| | コメント (2)

マイメロディの『論語』

20150902_160637

今日は休みだったので大阪へ
雑用を済ませて気になってる絵本を見に蔦屋書店
検索したら在庫があったのでその棚に行くもなし
スタッフさんに探してもらってる間にこの本を見つけました
結局目的の絵本は見つからなかったけど
この本と出会えたからいっかって感じです

中身はこんな感じ ↓

20150902_161319

論語を分かりやすくした文章とその解説
下には「子曰く~」の文も載ってます
そしてマイメロディのかわいいイラスト

なるほど!とか
うんうん!って思える言葉ばかり載ってます
カバンに常に入れておきたい
子供さんにもオススメです
(いい言葉ばかりなので、息子が食事してる時に勝手に読み上げてました

| | コメント (0)

文藝春秋2015年9月号

20150809_091113

文藝春秋2015年9月号買いました
で、とりあえず「火花」読みました


という感じ(スミマセン

まだ他の全部読んでないですが
重松清さんと中村順司さん、植草貞夫さんの対談の
「高校野球百年 名勝負の裏に名監督と名実況」が面白かったです
くるよさんのも良かった

読むところたくさんあるし
電車で読むのにいいんだけど
分厚いし、重い
少しづついろいろな文を読もうと思います    

| | コメント (0)

ビリギャル(文庫特別版)

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の
文庫特別版のほうを読みました

この子のお母さんがすごい
私は今まで一番の無駄遣いは息子の塾代と思ってて
ずっともったいなかったって思ってるけど
このお母さんは
「慶應には受かっても受からなくてもいいんだよ
学ぶことの素晴らしさに気付いてくれただけで嬉しいんだから、
お金のことは何も気にしなくていいんだよ」って言ってる
この時、無制限コースという
日曜を除けば塾に毎日来られるコースで
百数十万円お金を払ってるにもかかわらず・・・
考え方、変えなきゃって思いました

あと娘が辛そうにしてる時、
「そんなに辛くて幸せじゃないならもうやめなよ」って言ってる
私なら絶対そんなセリフ言えない
お金が無駄にならないよう頑張りなさいとか言ってそう

この本、子育てにもいいかもです
受験の前に読んでたらもっと違う声かけが出来たかも?

| | コメント (0)

青い鳥

20150521_205727

同僚が貸してくれた本
最後“うるっ”とくるよと言われてたのですが
出だしは大丈夫だろうと思って
帰りの電車で読んだら
1話目のラストでうるっとなり
鼻ずるずるしながら帰りました

久しぶりに重松さんの本読みましたが
重松さん、優しいです

こういう本は家で読まないとだめですね


| | コメント (0)

風が強く吹いている

この前読んだ「舟を編む」の著者三浦しをんさんが
日曜日の読売新聞に載っていて
読者の方のオススメの本が
「風が強く吹いている」だったので読んでみました

箱根駅伝に出場する話なのですが
これまた人間模様がめちゃ良かった
箱根駅伝も大好きで毎年TVで観ていて
いつか小涌園のところで応援したいね~
って家族で話をしてるくらい
TVを観ているような感覚で最後は読んでました

元気が出る話でした

これ映画にしたら面白いだろうけど
駅伝のシーンが無理だろうなと思っていたら
既に映画になってました
全然知らなかった
でも小出恵介さん、ピッタリ
機会があったら観てみよっと

| | コメント (0)

より以前の記事一覧